【NEW】 ピアソラ作品集 (鈴木大介)

【CD】ピアソラ作品集(鈴木大介)

  • ピアソラ~鈴木大介:アディオス・ノニーノ~カデンツァ
  • ピアソラ:タンゴ組曲(デチーゾ、アンダンテ、アレグロ)
  • ピアソラ~カルレバーロ:セーヌ川
  • ピアソラ:ギターのための5つの小品(平原のタンゴ、ロマンティックなタンゴ、アクセントの効いたタンゴ、悲しいタンゴ、伊達男のタンゴ)
  • ピアソラ~セルジオ・アサド:ブエノスアイレスの四季(ブエノスアイレスの春、ブエノスアイレスの夏、ブエノスアイレスの秋、ブエノスアイレスの冬)
  • ピアソラ~ルベン・ルイス:アディオス・ノニーノ

 

これまで、多くのタンゴ奏者と共演してきた鈴木は、じつはピアソラのレパートリーを演奏するいくつかのキンテートにおいてもエレキギターを担当した経験を持つなど、知られざるタンゴへの情熱を秘めてきました。ギターのオリジナル作品である「5 つの小品」は、これまで10年以上に渡って鈴木が多くのリサイタルや海外のギターフェスティバルで演奏し、絶賛されて来た得意のレパートリーです。もちろん、ピアソラによる自筆譜を使用した演奏です。
ギターデュオの名曲、「タンゴ組曲」は、今回、両方のパートを鈴木自身が多重録音。過去に10 人近くのパートナーと共演して来たなかで両方のパートを習得したからこそ見出した新たな魅力を、この作品から引き出すことに成功しています。セルジオ・アサド編の「ブエノスアイレスの四季」は、鈴木がアルゼンチンのタンゴ奏者のギター奏法と向き合うことで、艶と深みのある、ギターソロならではの世界を描き出しました。
そして今回の録音は、ピアソラ没後20 年と、大のタンゴマニアであった自身の父に捧げるべく、2つの「アディオス・ノニーノ」によって縁取られています。
1969年にピアソラが書いた「アディオス・ノニーノ」のアレンジの冒頭におかれたピアノのためのカデンツァを、ギターソロで演奏。想いのこもった新しいレパートリーが誕生しました。
最後を締めくくるもうひとつの「アディオス・ノニーノ」はアルゼンチンのギタリスト、ルベン・ルイスによる編曲。ルイスはタンゴとクラシックのギター奏法を融合させた、優れた編曲を多く残しており、これまで鈴木は「スール」「ボルベール」といった、タンゴの名曲をルイス編で録音してきました。「アディオス・ノニーノ」もまた、そうしたタンゴの奏法による力強いトリビュートになっています。

消費税(8%)を含んだ価格となっております。

¥3,085

  • 在庫あり
  • 1~3日1