ジュリアーニ:ギターソロのためのジュリアナーテOp.148/私の愛する花の選集Op.46


ジュリアーニ:ギターソロのためのジュリアナーテOp.148/私の愛する花の選集Op.46(楽譜)

ジュリアーニ:ジュリアナーテOp.148~様々な感傷的なアイディア~[第1番:ラ・リソルツィオーネ(決心)/第2番:ロ・スケルツォ(諧謔)/第3番:ラ・アモローソ(愛情) /第4番:ジョコーソ(冗談)/第5番:ラ・アルモ二ア(調和)/第6番:イル・センティメンターレ(感傷) /第7番:ラ・メランコニア(憂鬱)/第8番:ラ・アレグリア(歓喜)]

私の愛する花の選集Op.46~象徴的な花束~[第1番:ミルテ/第2番:パンジー/第3番:ユリ/第4番:ジャスミン/第5番:ローズマリー/第6番:ナデシコ/第7番:スイセン/第8番:スミレ/第9番:バラ/第10番:ローリエ

≪ジュリアナーテOp.148≫(ジュリアーニ風)と題された、ジュリアーニ晩年のギター独奏曲集は、名曲〈ラ・メランコニア〉(憂鬱)を始め(諧謔)(感傷)(歓喜)など人間の様々な心の状態を表わすタイトルが全8曲に与えられており、曲想もそれらに基づくものとなっている。ロマン派時代に数多く書かれた性格的小品集の先駆的な存在と呼べる傑作ギター小品集として、多くの演奏家・愛好家に愛奏され続けている作品である。
≪私の愛する花の選集Op.46≫は、ジュリアーニにしては珍しく、ミルテ、パンジー、ユリ等、全10曲に特定のタイトル(花の名前)が付された小品集。他作品では見かけることの少ない楽想が散りばめられており、非常に興味深い内容を持つ名作である。
 本曲集は、Op.148とOp.46を各々の初版譜に基づき校訂編纂したものであり、全曲収載の楽譜としては国内唯一のものと言ってよい。巻末には各初版譜からの校訂表も掲載した。各作品は短いながらもジュリアーニが培ってきたギターの書法が、極めて洗練された形で凝縮された傑作揃いである。

  • 消費税(8%)を含んだ価格となっております。

¥1,944

  • 残りわずか
  • 1~3日1