セゴビア・レパートリー第8巻 バッハ編曲集


セゴビア・レパートリー第8巻 バッハ編曲集

  • まえがき 
  • バッハとギター(セゴビアによる編曲リストを含む) 
  • シャコンヌ・ニ短調(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番BWV1004より)
  • 前奏曲とフーガ・ニ長調BWV998より 
  • サラバンド・ロ短調(リュート組曲第2番BWV997より)  
  • ガヴォット・ホ長調(無伴奏チェロ組曲第6番BWV1012より)  
  • 前奏曲イ短調(リュート組曲第2番BWV997より)  
  • 前奏曲BWV999  
  • アルマンド(リュート組曲第1番BWV996より)  
  • メヌエットI、II(リュート組曲第4番BWV1006aより)  
  • クーラント(無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より)  
  • ロンド風ガヴォット(リュート組曲第4番BWV1006aより)  
  • アンダンテ(無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番BWV1003より)  
  • ブーレ、ドゥーブル(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番BWV1002より)
  • アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳より3つの作品 
    • ポロネーズBWV Anh.125   
    • メヌエット Anh.115   
    • 行進曲 Anh.124
  •  原譜のミスプリント訂正

名曲〈シャコンヌ〉を含むバッハ編曲集です。現在、バッハ作品はギターのレパートリーの中心となっていますが、その伝統は巨匠セゴビアが編曲したことにはじまります。1935年に〈シャコンヌ〉を演奏した時は大論争が起こりました。

  • 消費税(8%)を含んだ価格となっております。

 

¥2,160

  • 在庫切れ